• ホーム
  • ひげ脱毛のさいには、皮膚病とお肌には注意しましょう

ひげ脱毛のさいには、皮膚病とお肌には注意しましょう

男性にとって、あごひげが気になる方が少なくないです。そのためひげ脱毛専用クリームが販売されており、通販でもいろいろ紹介されています。
使い方はいたって簡単です。ひげの部分に、ひげ脱毛クリームを塗ります。しばらくしてから水で洗い流すとひげがとけてなくなっています。
ただし、ひげ脱毛クリームはひげだけを溶かすのであって毛根には作用しないので、まだひがはすぐに生えてきます。そのへんを注意してください。
あくまでも一時しのぎであることを念頭に置きましょう。
このクリームを使うときには、皮膚にも作用しますので、たとえば皮膚病を患っていたり、お肌が弱いかったり、する方には不向きであります。
そのまま使うと、お肌が余計に荒れて、赤くなり、痒みをともないます。
ひどくなるとステロイド剤を使用することになりますので、お肌トラブルを避けるためにも皮膚病などの人は避けてください。
皮膚病の人が脱毛をしたいとなれば、専門のサロンがあります。
そこでは特殊な波長を当てて、脱毛していきます。当然毛根に作用しますので、何度か通うことで、脱毛がほぼ完璧におこなうことができます。
もちろん普通の人がためしてみても問題ないです。
皮膚科でもひげ脱毛をおこなっているところがありますが、自由診療ですので、保険がききません。
ですから患部や大きさによって料金体制が全然違ってきます。
平均的な金額は数千円になりますが一部数万と高額になることがあります。
だいたい数千円程度とおもってください。
診てもらう前に電話で料金について確認しておいてもいいです。
最近では10代男性の脱毛希望者が増えていますが、従来の30代~40代が多かったころと比べると、やはり時代の流れでしょうか。